コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝川 かちがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勝川
かちがわ

愛知県北西部,春日井市の一地区。条里制遺構が残る古い集落で,江戸時代下街道の馬継宿,庄内川渡し場であった。北部の春日井原は寛文4 (1664) 年の新木津用水で開発されて水田地域となった。長く純農村地域であったが,第2次世界大戦後は,JR中央本線勝川駅前を中心として都市化が進み,電気機器,紙製品などの工場も立地した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かつかわ【勝川】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勝川
かちがわ

愛知県春日井(かすがい)市南西部の地区。旧勝川町。条里制遺構があり、江戸時代の下(した)街道の旧宿場町。東春日井郡の郡役所もあった。JR中央本線と東海交通事業城北線の勝川駅、東名阪自動車道の勝川インターチェンジがある。勝川駅を中心とする商業地域の再開発事業が行われている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

勝川の関連キーワード城北線開運勝星きっぷ東海交通事業城北線勝川春山(初代)勝川春好(初代)勝川春好(2代)勝宮川春水喜多川行麿一筆斎文調勝川春扇勝川春英浅野英章勝川春常勝川春泉狩野友信勝川春好足立 聡勝川春洞葛飾北斎山本養和玉川春水

勝川の関連情報