コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝色 かちいろ

色名がわかる辞典の解説

かちいろ【勝色】

色名の一つ。褐色とも書く。JISの色彩規格では「暗いみの」としている。一般に、灰色がかった濃い青のこと。「勝」は勝負に勝つという意味合いから付けられた名で、軍ぐん勝色という表記もある。「褐」はなど粗い繊維で織った布をさし、平安時代の下級武官が着る装束をかちえといった。褐衣には数種の色があり、その中に灰色がかった濃い青もあった。これらの背景から、戦の服装や武具に多く用いられた色と考えられている。平安、鎌倉、江戸、明治と時代の流れのなかで、少しずつ意味づけされてきた可能性が高い。軍勝色がもっとも新しく、明治時代命名とされる。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

勝色の関連キーワード七宝(工芸)平安時代祝い着色名装束

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勝色の関連情報