褐衣(読み)かちえ

日本大百科全書(ニッポニカ)「褐衣」の解説

褐衣
かちえ

公家(くげ)階級の衣服の一種。束帯(そくたい)系の服装の上着で、衛府(えふ)の下級武官が着装する(ほう)。(かち)とは本来、毛織物のことであるが、日本では麻布を用い、両腋(わき)を縫わずにあけた闕腋(けってき)の袍で、平安時代には身頃(みごろ)を二幅(ふたの)、袖(そで)を二幅に仕立てられたが、行動の便を考えて、後ろの裾(すそ)は短くなっている。褐装束は束帯と構成のうえでやや異なり、細纓(さいえい)をつけ、緌(おいかけ)をかけた冠をかぶり、括(くく)り袴(ばかま)をはき、黒漆の太刀をつけ、脛巾(はばき)を巻いて、藁履(わらぐつ)か草鞋(わらじ)をはく。鎌倉時代には身一幅、袖一幅の狩衣(かりぎぬ)形式のものも用いられたが、狩衣のような袖括(そでくく)りは通さず、烏帽子(えぼし)ではなく細纓の冠をかぶり緌をかけた。褐衣の色は、縹(はなだ)、赤などで、衛府の随身(ずいじん)は舞楽の袍に倣って縹の褐衣に、大きな丸文(蛮絵(ばんえ))を黒く摺(す)り、その場合、右方は熊(くま)の蛮絵、左方は獅子(しし)の蛮絵とし、弓を持ち狩胡録(かりやなぐい)を帯びて、召具装束として行列の威儀を華やかした。

[高田倭男]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「褐衣」の解説

褐衣
かちえ

武家装束における狩衣 (かりぎぬ) の一種。狩衣との形態上の違いは袖付けが縫いふさがれていることである。地質は布 (麻) か平絹。絣無地にくまや獅子の蛮絵 (ばんえ) があるところから蛮絵の袍 (ほう) ともいわれ,左右近衛の随身,鷹匠などが着用した。また紫布褐衣,赤色褐衣,野摺褐衣などが文献にみられるところから染色も一定しなかったようである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「褐衣」の解説

かち‐ぎぬ【褐衣】

〘名〙 狩衣(かりぎぬ)の両わきを縫い合わせたもの。もとは広く武官の着用するものであったが、しだいに随身など従者の上着として用いられた。色には定式がない。褐襖(かちあお)。かちえ。かち。
儀式(872)一「斎王駕車従左右各十人 並着褐衣」

かつ‐い【褐衣】

〘名〙 あらい毛織物で作った衣服。貧しい人の服。
※菅家文草(900頃)六・下山言志「雖故山家、褐衣過境立晴砂」 〔史記‐游侠伝序〕

かち‐え【褐衣】

随筆貞丈雑記(1784頃)五「褐衣(カチヱ)とは随身の着する服也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「褐衣」の解説

かち‐え【衣】

古代・中世地下じげ武官、または随身ずいじんなどの上着。ほう形式で、狩衣かりぎぬに似て裏をつけず、わきを縫わずにあけたもの。褐襖かちあお。かちぎぬ。

かち‐ぎぬ【衣】

かちえ(褐衣)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「褐衣」の解説

かちえ【褐衣】

狩衣(かりぎぬ)のように袖つけがあいていて,しかも衣の両わきが縫いふさいである男子装束の上衣。古くは野外へ行幸のときなどに諸衛の中・少将も着たことが《扶桑略記》に見えているが,後にはもっぱら身分の低い武官である随身の用いる服となった。絵巻物などに見る鎌倉時代以後のものでは,形は必ずしもわき縫いのあるものでなくして,狩衣のような形になっているものが多い。定まった色はなく檜皮(ひわだ)色,紫,紺,(にび)などの色が用いられたようである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

普及版 字通「褐衣」の解説

【褐衣】かつい

あらいぬのの衣服。〔史記、平原君伝〕衣だにも(まつた)からず、糟糠(さうかう)だにも厭(あ)かず。

字通「褐」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

座り込み

その場に座り込んで動かないこと。特に労働争議などで、自分たちの意思・要求を相手に認めさせるために一定の場所に座り込むこと。「座り込み戦術」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android