コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勢道政治 せいどうせいじ

1件 の用語解説(勢道政治の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せいどうせいじ【勢道政治】

朝鮮の李朝において,国王の信認を得た特定の人物や集団が政権を独占する場合を指し,世道(せどう)政治ともいう。こうした人物や集団は王室と血縁関係婚姻関係にある外戚の場合が多く,正祖時代(1776‐1800)の洪国栄(1748‐81)以来,外戚の勢道政治が李朝末期まで続いた。とくに純祖(在位1800‐34)以降は幼少の国王が相ついだため勢道政治に拍車をかけ,安東金氏(純祖,哲宗の両時代),豊壌趙氏(憲宗時代),驪興閔氏(高宗時代)などによって政権の私物化が行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

勢道政治の関連キーワード衛氏朝鮮李朝実録倭館信認千里馬火計開化派史庫守旧派江戸時代の朝鮮通信使

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone