勢道政治(読み)せいどうせいじ

世界大百科事典 第2版の解説

せいどうせいじ【勢道政治】

朝鮮の李朝において,国王の信認を得た特定の人物や集団が政権を独占する場合を指し,世道(せどう)政治ともいう。こうした人物や集団は王室と血縁関係か婚姻関係にある外戚の場合が多く,正祖時代(1776‐1800)の洪国栄(1748‐81)以来,外戚の勢道政治が李朝末期まで続いた。とくに純祖(在位1800‐34)以降は幼少の国王が相ついだため勢道政治に拍車をかけ,安東金氏(純祖,哲宗の両時代),豊壌趙氏(憲宗時代),驪興閔氏(高宗時代)などによって政権の私物化が行われた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android