閔氏(読み)びんし

旺文社世界史事典 三訂版の解説

李氏朝鮮の国王高宗となった閔妃の一族
閔妃の外戚として勢力ふるい大院君と対立して開国路線を推進壬午軍乱によって一時大院君派が巻き返すが,清朝後ろ盾を得て政権に復活。そのため,この時期の閔氏政権を「事大党」という。日清戦争によって日本の圧力が増大してからはロシアに接近したが,1895年の閔妃虐殺事件によって勢力を失った。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の閔氏の言及

【壬午軍乱】より

…1882年(壬午の年)7月に朝鮮の首都,漢城(ソウル)で起きた軍人暴動。1873年に大院君(興宣大院君)から閔(びん)氏に政権が移ると,軍隊の待遇は悪化し,新たに新式軍隊の別技軍が設けられて優遇された。その結果,旧式の軍人たちの不満が給米の不正支給によって爆発し暴動となった。…

※「閔氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android