コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勧修寺経顕 かじゅうじ つねあき

3件 の用語解説(勧修寺経顕の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勧修寺経顕 かじゅうじ-つねあき

1298-1373 鎌倉-南北朝時代の公卿(くぎょう)。
永仁(えいにん)6年生まれ。藤原(坊城)定資(さだすけ)の次男。元徳2年参議。権(ごんの)大納言をへて,延文3=正平(しょうへい)13年(1358)従一位となり,のち内大臣にすすむ。勧修寺家の祖。応安6=文中2年1月5日死去。76歳。初名は忠定。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

勧修寺経顕

没年:応安6/文中2.1.5(1373.1.29)
生年:永仁6(1298)
南北朝期の公卿。父は権中納言坊城定資,母は右少将四条隆氏の娘。初名忠定。正安4(1302)年従五位下に叙せられ,以降検非違使,参議,権中納言などを歴任し,暦応3/興国1(1340)年権大納言,応安3/建徳1(1370)年に内大臣に昇ったが翌年辞去。経顕は北朝の公卿として光厳天皇立太子に春宮亮に補されるなど信任が厚く,院中の重職を兼帯し,のち後光厳天皇にも重用され執事,評定衆として近仕する。経顕が勧修寺と号したことから,子孫はこれを家号とすることになった。

(小森正明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かじゅうじつねあき【勧修寺経顕】

1298‐1373(永仁6‐文中2∥応安6)
南北朝時代の公卿。権中納言坊城定資の次男。母は四条隆氏の女。初名忠定。蔵人,左少弁,春宮亮,蔵人頭を経て,1330年(元徳2)参議に昇り公卿に列した。ついで権中納言に進み,検非違使別当を兼ね,中納言を経て権大納言に昇り,42年(興国3∥康永1)辞官した後も本座をゆるされた。58年(正平13∥延文3)従一位に進み,70年(建徳1∥応安3)には内大臣に昇ったが,翌年辞任し,73年正月5日,76歳で没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

勧修寺経顕の関連キーワード佐々木高氏四条隆俊定庵殊禅定山祖禅存覚日祐(1)彦仁王黙庵周諭良阿良喜

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone