コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勧修寺家 かじゅうじけ

3件 の用語解説(勧修寺家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勧修寺家
かじゅうじけ

公家。藤原冬嗣の子孫定方のとき,勧修寺を称し,代々儒学,文筆をもって朝廷に仕えた。甘露寺など 13家を勧修寺流という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かじゅうじけ【勧修寺家】

藤原氏北家から出た公家。中世の文献には〈くわんしゆし〉とも表記する。醍醐天皇外祖父内大臣藤原高藤を始祖とする。高藤の男右大臣定方の建てた京都山科の勧修寺(かんしゆうじ)を一門の氏寺とし,一門中官位第一の者を長者として結束したので,この寺号が一門の総称となった。院政時代に入って,為房・顕隆父子が白河院近臣として活躍してから急速に繁栄し,代々太政官の弁官に任ぜられる一方,上皇や摂関に仕えて院中,家中の実務をとり,弁官家とか名家とよばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勧修寺家
かじゅうじけ

藤原氏北家(ほっけ)から分かれた公家(くげ)。「かんじゅじけ」ともいう。醍醐天皇(だいごてんのう)の外祖父内大臣高藤(たかふじ)の後で、その子右大臣定方(さだかた)の建てた京都・山科(やましな)の勧修寺を一門の氏寺としたので、寺名が一門の総称ともなった。院政時代、為房(ためふさ)・顕隆(あきたか)父子が白河院の近臣として活躍してから急速に繁栄し、代々太政官(だいじょうかん)の弁官となる一方、上皇や摂関家に仕えて、院中あるいは家中の実務をとり、弁官家とか名家(めいか)といわれた。為房の子孫は、甘露寺(かんろじ)、葉室(はむろ)などの諸家に分かれたが、南北朝時代の内大臣経顕(つねあき)が勧修寺を号してからその家号となり、明治の華族制度では伯爵を授けられた。なお江戸時代には、同家を含む一門13家を総称して勧修寺家ともよんでいる。[橋本義彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の勧修寺家の言及

【勧修寺家】より

…明治に入って華族に列し,伯爵を授けられた。なお江戸時代には同家に,甘露寺,葉室,万里小路(までのこうじ),清閑寺,中御門(なかみかど),坊城,芝山,池尻,梅小路,岡崎,穂波,堤の諸家を加えた13家を総称して勧修寺家ともいい,当時の名家の過半を占めた。また勧修寺一門の廷臣は,為房の《大記》をはじめ,経房の《吉記》,経俊の《吉黄記》,経長の《吉続記》など,重要な日記を多く残しており,その記述は実務官僚としての一門の性格をよく反映している。…

※「勧修寺家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

勧修寺家の関連キーワード壬生基修近衛家日野家藤原氏北家身から出た錆嘘から出た実藤原氏雄烏丸家《中世の文学》

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone