コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千代の富士貢 ちよのふじみつぐ

6件 の用語解説(千代の富士貢の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千代の富士貢
ちよのふじみつぐ

[生]1955.6.1. 北海道福島町
第 58代横綱。本名秋元貢。同郷の横綱千代の山の九重親方にスカウトされて入門。 1970年9月初土俵。持病ともいうべき肩の脱臼に悩まされ,十両と幕内を往復していたが,ウエイトトレーニングによる筋肉づくりでそれを克服。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちよのふじ‐みつぐ【千代の富士貢】

[1955~ ]力士。第58代横綱。北海道出身。本名、秋元貢。愛称はウルフ。通算1045勝、幕内通算807勝を記録するなどして一時代を築いた。優勝31回。平成元年(1989)国民栄誉賞受賞。引退後、年寄陣幕を襲名。のちに当時の九重親方と年寄名跡を交換し、年寄九重を継承。→第57代横綱三重ノ海 →第59代横綱隆の里

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

千代の富士貢【ちよのふじみつぐ】

力士。第58代横綱。北海道松前郡生れ。本名秋本貢。九重部屋。1970年9月初土俵,1975年9月入幕。何度も肩を脱臼(だっきゅう)して,幕内から幕下まで陥落したが,筋力トレーニングで克服し,1981年9月横綱に昇進。(1955-)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千代の富士貢 ちよのふじ-みつぐ

1955- 昭和後期-平成時代の力士。
昭和30年6月1日生まれ。昭和45年九重部屋に入門。50年入幕。ウルフとよばれ,右まわしをひきつけての速攻相撲で昇進し,56年58代横綱となる。63年53連勝を記録。平成3年引退。通算1045勝は史上最多。優勝31回は大鵬(たいほう)の32回につぐ。4年九重部屋をつぐ。平成元年国民栄誉賞受賞。20年日本相撲協会理事。北海道出身。本名は秋元貢。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

知恵蔵miniの解説

千代の富士貢

大相撲の元横綱千代の富士。本名は秋元貢(あきもと・みつぐ)。1955年北海道松前郡福島町出身。70年の秋場所で初土俵を踏み、75年、新入幕。81年の初場所で当時の横綱・北の湖との優勝決定戦に勝って初優勝し大関に昇進した。同年秋の名古屋場所で2回目の優勝を果たし、81年秋に、第58代横綱となった。88年には、夏場所から4場所連続で優勝し、当時の戦後最高となる53連勝を達成した。同年秋場所で当時の通算勝ち星の新記録を樹立し、相撲界初の国民栄誉賞を受賞した。通算1045勝。優勝31回。91年夏場所で引退し、年寄陣幕を襲名、92年4月には九重を襲名し、九重部屋を継承して、大関・千代大海など多くの関取を育ててきた。相撲協会では2008年2月に理事に初当選し、広報部長、審判部長、巡業部長などを経て、12年2月から事業部長となった。15年名古屋場所を休場し、膵臓(すいぞう)がんの手術を受けていたが、16年7月31日、すい臓がんのため死去した。享年61。

(2016-8-2)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千代の富士貢
ちよのふじみつぐ
(1955― )

第58代横綱。北海道生まれ。本名秋元貢。明治大学付属高校中退。1970年(昭和45)中学3年で九重(ここのえ)親方(元横綱千代の山)に誘われて上京し、角界に入った。生まれつき肩の関節が弱く、十両時代から引退まで、脱臼(だっきゅう)などのけがで20回も入院を経験している。しかし、天性の運動神経と努力で、81年横綱に昇進し、通算1045勝(歴代1位)、連勝記録53(歴代2位)の成績を残した。横綱昇進時で183センチメートル、123キログラムの小兵力士で、色が浅黒くて目つきが鋭く、オオカミを思わせる風貌(ふうぼう)から、「ウルフ」の愛称で親しまれた。89年(平成1)、力士として初めて国民栄誉賞を受賞した。91年に引退し、九重部屋を継いだ。[向坂松彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千代の富士貢の関連キーワード旭富士正也大乃国康北勝海信芳室井光広アグネス チャン坂本達哉辻隆中村時蔵(5代)琴富士孝也あんま

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone