コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北国船 ほっこくぶね

3件 の用語解説(北国船の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北国船
ほっこくぶね

(1) 江戸時代の東北・北陸地方の船全体をいう総称。 (2) 16世紀頃から 17世紀末期にかけて,北陸地方を中心にはがせ船とともに日本海海運の主力となって活躍した廻船のこと。大きさは 300石積みから 2000石積み級の大型船まであるが,特に 1000石積み以上の大型船向きの船とされ,主として秋田・青森地方の材木輸送に使われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほっこく‐ぶね〔ホクコク‐〕【北国船】

中世末期から江戸中期にかけ、日本海海域で活躍した大型廻船。平底で船首がまるく、舷側に垣立(かきたつ)がない。順風でないときは櫂(かい)で漕いだ。のち、帆走性能や経済性に優れる弁才船(べざいせん)にとってかわられた。どんぐり船。北前船。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほっこくぶね【北国船】

中世末期から近世初期にかけて、日本海海運の主力廻船として活躍した独特の形式の荷船。船首がまるく、舷側の垣立かきだつのないのが特徴。帆走性能や経済性が悪く、一八世紀以後弁才船べざいせんの進出で姿を消した。その形からどんぐり船ともいう。
「北国廻船」の略。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北国船の関連キーワード中央中里中田中野中山町中根中台中尾ひょうど中町

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone