コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北国船 ほっこくぶね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北国船
ほっこくぶね

(1) 江戸時代の東北・北陸地方の船全体をいう総称。 (2) 16世紀頃から 17世紀末期にかけて,北陸地方を中心にはがせ船とともに日本海海運の主力となって活躍した廻船のこと。大きさは 300石積みから 2000石積み級の大型船まであるが,特に 1000石積み以上の大型船向きの船とされ,主として秋田・青森地方の材木輸送に使われた。船型,構造ともはがせ船と共通する北国地方独特のもので,瀬戸内海方面の弁才船二成船 (ふたなりぶね) とは技術的にまったく相違していた。帆走性能が悪く,人力航行を併用するので多数の乗組員を必要とした。そのため帆走専用船化した弁才船の進出を許し,18世紀中期以後は需要がなくなり,海運界からまったく姿を消すにいたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ほっこくぶね【北国船】

中世末期から近世初期にかけて、日本海海運の主力廻船として活躍した独特の形式の荷船。船首がまるく、舷側の垣立かきだつのないのが特徴。帆走性能や経済性が悪く、一八世紀以後弁才船べざいせんの進出で姿を消した。その形からどんぐり船ともいう。
「北国廻船」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

北国船の関連キーワード北国廻船西国船荷船和船垣立

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android