コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

区界峠 くざかいとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

区界峠
くざかいとうげ

岩手県中部,盛岡市の東縁と宮古市との境界にある標高 751mの峠。閉伊川と簗川の分水界をなす。盛岡市と宮古市を結ぶ宮古街道(国道106号線)沿いの兜明神岳南麓にあり,峠一帯の区界高原はシラカバの林に覆われ春はスズラン,山菜狩り,夏はハイキング,秋は紅葉,キノコ狩り,冬はスキーと四季を通して楽しめる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くざかいとうげ【区界峠】

岩手県中央部,兜明神(かぶとみようじん)岳南西麓,閉伊(へい)街道(盛岡~宮古)にある峠。標高751m。盛岡市と川井村門馬(かどま)の境をなす。簗(やな)川と閉伊川の分水界にあたり,かつては交通の難所であった。昭和初め山田線区界駅ができ,閉伊街道は国道106号線となり,付近はシラカバの林,スズラン,山菜,紅葉に恵まれ,スキー場もあって四季楽しめる観光地となった。【川本 忠平】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔岩手県〕区界峠(くざかいとうげ)


岩手県中部、盛岡市東方で北上(きたかみ)高地を越える峠。標高約750m。盛岡市と宮古(みやこ)市を結ぶ国道106号とJR山田(やまだ)線が通過。東側にスキー・ハイキングで知られる区界高原がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

区界峠の関連キーワード高地

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android