十二調子(読み)ジュウニチョウシ

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅうに‐ちょうし ジフニテウシ【十二調子】

〘名〙
② 十二律の各音を主音(宮)とした音階調子。壱越(いちこつ)調、盤渉(ばんしき)調など、および一本、二本…一二本などの調子。〔壒嚢鈔(1445‐46)〕
③ 古代の雅楽曲で用いられた一二種の音階。呂(りょ)と律の二旋法および母調子(おもちょうし)と枝調子の二種に大別される。
※清原国賢書写本荘子抄(1530)四「六律六呂の次第ある其次第を乱て、十二調子を引くづし、一つにして用にたたぬ様にしてをけぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の十二調子の言及

【音名】より

…なお,中国では,標準音の絶対音高が時代によって異なるので,律名をそのまま絶対的な音名ということはできない。日本では,鎌倉時代の初期までには,日本独自の十二律名が考えられ,これを〈十二調子〉ともいった(十二律表3)。この十二調子は,標準音の絶対音高が固定していたので,これを音名と考えることもできる。…

※「十二調子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android