コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十五少年 じゅうごしょうねん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十五少年
じゅうごしょうねん

フランスの小説家ジュール・ベルヌ原作,森田思軒訳の翻訳少年小説。 1896年『少年世界』に連載,同年刊。原題『二ヵ年の学校休暇』 Deux ans de vacance (1888) 。暴風雨で難破し,無人島に流れ着いたニュージーランドの少年 15人の漂流冒険譚。思軒の翻訳小説の代表作である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅうごしょうねん〔ジフゴセウネン〕【十五少年】

フランスの作家、ジュール=ベルヌの冒険小説「2年間の休暇(Deux ans de vacances)」(1888)を森田思軒が少年向けに日本語訳したもの。訳は英語版の抄訳本に基づく。明治29年(1896)、雑誌「少年世界」に「冒険奇談十五少年」の題名で連載したのち改題して出版。ベストセラーとなる。冒険という日本語は本訳で初めて用いられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

十五少年の関連キーワード二年間のバカンス孤島の十五少年二年間の休暇少年漂流記辻 昶

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十五少年の関連情報