コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十八銀行[株] じゅうはちぎんこう

百科事典マイペディアの解説

十八銀行[株]【じゅうはちぎんこう】

長崎県を地盤とする地銀中位行。1877年第十八国立銀行を設立。1896年に十八銀行に改称。1942年諌早銀行を吸収合併。長崎県では〈一県一行主義〉政策は実現せず,佐世保市本拠とする親和銀行と県内を二分する。現在も長崎県の公金指定銀行は,両行の交替制。戦前は,対馬・五島列島のみならず京城ウラジオストクにまで営業網を広げていた。現在県内店舗89,県外店舗は福岡7など計100。本店長崎市。2011年資本金244億円,2011年3月期経常収益529億円。売上構成(%)は,中小企業等向け67,住宅・消費者向け26。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android