コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一県一行主義 いっけんいっこうしゅぎ

1件 の用語解説(一県一行主義の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

一県一行主義【いっけんいっこうしゅぎ】

明治期には銀行の設立は比較的容易で,各地に小銀行が乱立した。そのため,1927年の金融恐慌に際して,行政当局は弱小銀行の整理と府県単位の銀行合同を推進。さらに1936年,国債消化と生産力拡充資金の調達をめざした大蔵大臣馬場【えい】一による一県一行主義の表明と1942年の金融事業整備令の施行により,銀行合同を強制する素地ができあがり,1945年までに一県一行がほぼ実現した。
→関連項目青森銀行[株]秋田銀行[株]阿波銀行[株]伊予銀行[株]岩手銀行[株]大分銀行[株]鹿児島銀行[株]紀陽銀行[株]群馬銀行[株]滋賀銀行[株]四国銀行[株]七十七銀行[株]十八銀行[株]十六銀行[株]常陽銀行[株]駿河銀行[株]第四銀行[株]千葉銀行[株]東海銀行[株]東邦銀行[株]南都銀行[株]八十二銀行[株]肥後銀行[株]百十四銀行[株]福井銀行[株]福岡銀行[株]北陸銀行[株]北國銀行[株]山形銀行[株]山口銀行[株]横浜銀行[株]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone