コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十六国春秋 ジュウロッコクシュンジュウ

デジタル大辞泉の解説

じゅうろっこくしゅんじゅう〔ジフロクコクシユンジウ〕【十六国春秋】

中国の史書北魏崔鴻撰。五胡十六国の歴史を記したもの。散逸し、現行の100巻本は代の屠喬孫(ときょうそん)と項琳(こうりん)との偽作とされる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうろっこくしゅんじゅう【十六国春秋 Shí liù guó chūn qiū】

中国,五胡十六国の各国史をまとめた書物。北魏末期の史官であった崔鴻が,十六国でそれぞれ編纂された国史に基づいて私撰したもので,100巻あったが今は伝わらない。現行100巻本は明の屠喬孫と項琳の偽作。ただ原本を簡略にした10巻本が当時作られていたことが知られ,《広漢魏叢書》等に収める16巻本がそれとなんらか関係あるとみられる。清の湯球は逸文や《晋書》載記にもとづいて復元を試み,《十六国春秋輯補》100巻を作った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうろっこくしゅんじゅう【十六国春秋】

中国、五胡十六国時代の歴史を記した書。北魏の崔鴻さいこうの撰。宋代に散逸。通行している一〇〇巻本は明の屠喬孫ときようそん・項琳こうりんの偽作。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android