コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十津川温泉 とつかわおんせん

3件 の用語解説(十津川温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十津川温泉
とつかわおんせん

旧称下湯温泉。奈良県南部,十津川村平谷を中心とする温泉。 1964年,十津川支流の上湯川沿岸にある下湯温泉からの引き湯により建設された。重曹泉で,泉温は 75℃。近くに二津野ダムがあり,瀞峡や和歌山県の熊野本宮大社にも近く,温泉地として発展している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県〕十津川温泉(とつかわおんせん)


奈良県南部の吉野(よしの)郡十津川村、二津野(ふたつの)ダム(十津川湖)湖畔にある温泉。上流約8kmの湯泉地(とうせんじ)温泉、西約3kmの上湯(かみゆ)温泉とともに国民保養温泉に指定。ダム湖建設のさい、下湯(しもゆ)温泉から引き湯したもの。西約1kmに総合保養施設の昴(すばる)の郷(さと)がある。ダム湖での釣りも盛ん。ナトリウム炭酸水素塩泉。泉温49℃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十津川温泉
とつかわおんせん

奈良県南部、十津川村の十津川湖(二津野ダム)畔の平谷(ひらだに)地区にある温泉。国民保養温泉地に指定されている。1964年(昭和39)に開業し、旅館、ホテルが建ち並び、十津川支流上湯(かみゆ)ノ川岸の下湯から引き湯している。湖上ではボート遊びや釣りが楽しめ、湯元付近には露天風呂(ぶろ)がある。泉質は炭酸水素塩泉、塩化物泉。JR紀勢本線新宮(しんぐう)駅からバスで約2時間30分、そのほかJR和歌山線五条駅、近畿日本鉄道大和八木(やまとやぎ)駅からもバスの便がある。[菊地一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十津川温泉の関連キーワード奈良県吉野郡十津川村旭奈良県吉野郡十津川村五百瀬奈良県吉野郡十津川村上野地奈良県吉野郡十津川村大野奈良県吉野郡十津川村小川奈良県吉野郡十津川村小原奈良県吉野郡十津川村小井奈良県吉野郡十津川村神下奈良県吉野郡十津川村谷瀬奈良県吉野郡十津川村林

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

十津川温泉の関連情報