十種供養(読み)じっしゅくよう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十種供養
じっしゅくよう

(1) 『法華経』法師品で説かれる十種供養。すなわち華,瓔珞 (ようらく) ,抹香塗香焼香,絵蓋,幢幡,衣服,伎楽の 10種によって仏に供養すること。 (2) 『摩訶僧祇律』で説かれる十種供養。すなわち身,支提,現前,不現前,自作,他作,財物,勝,無染,至処道の十供養。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じっしゅ‐くよう〔‐クヤウ〕【十種供養】

華・香・瓔珞(ようらく)・抹香(まっこう)・塗香(ずこう)・焼香・繒蓋幢幡(そうがいどうばん)・衣服・伎楽(ぎがく)・合掌の10種で仏を供養すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じっしゅくよう【十種供養】

〘仏〙 華・香・瓔珞ようらく・抹香・塗香・焼香・繒蓋そうがい・幢幡どうばん・衣服・伎楽ぎがくをもって行う供養。繒蓋・幢幡を幡蓋として、合掌を加える場合もある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の十種供養の言及

【供養】より

…このように動物供犠や供物が神々や死者を養う食物であると考える思想は広く見いだされる。 仏教の経典に説かれているおもな供養の種類をあげると,二種供養(香華・飲食などの財物を供養する利供養と,教説のごとく修行して衆生を利益する法供養),三種供養(香華・飲食を捧げる利供養,讃嘆恭敬(さんだんくぎよう)する敬供養,仏法を受けとめて修行する行供養),四事供養(飲食,衣服,臥具,湯薬),密教の五供養(塗香,華,焼香,飲食,灯明),六種供養(閼伽(あか)(水),塗香,華,焼香,飲食,灯明),十種供養(華,香,瓔珞(ようらく),末香,塗香,焼香,繒蓋幢幡(そうがいどうばん),衣服,妓楽,合掌)などである。また密教では身と口と心の三業供養も説かれる。…

※「十種供養」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android