コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現前 ゲンゼン

デジタル大辞泉の解説

げん‐ぜん【現前】

[名](スル)目の前にあること。目の前に現れること。「新しい社会が現前しつつある」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんぜん【現前】

( 名 ) スル
現在、目の前にあること。目の前にあらわれていること。 「俄然として新天地が-する/門 漱石
〘哲〙 〔ドイツ Anwesen〕 現にここにあること。感官・意識に現れていること。西欧形而上学では恒常的実体と結びつけてとらえられたが、ハイデッガーはそれを出来事として考え、デリダも脱構築の対象としている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

現前
げんぜん

現存」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

現前の関連キーワードヤコービ(Friedrich Heinrich Jacobi)ラベル(Louis Lavelle)調書(ル・クレジオの小説)意識の直接与件に関する試論心的外傷後ストレス障害ジャーク デリダルイス ラベルアイヘンドルフエクリチュールロゴス中心主義ハイデッガーウォーリン文化記号学目的的行動現成・見成間主観性宮内文作般舟三昧PTSD十種供養

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

現前の関連情報