コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏足石歌 ぶっそくせきか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仏足石歌
ぶっそくせきか

奈良県の薬師寺に現存する仏足石 (753頃造建) に刻まれた歌謡。歌はかたわらの仏足石をたたえるもの 17首,仏道を勧めるもの 4首の合計 21首。万葉がなで記され,5・7・5・7・7・7の形式をもつ。第6句は第5句の小異を含む繰り返しで,本文より小さい字で記されている。この形式は仏足石歌体と呼ばれ,『古事記』『日本書紀』『万葉集』や風土記にも少数あるが,成立的には短歌から派生したもので,歌謡的性格が濃い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

仏足石歌【ぶっそくせきか】

仏足石歌碑に刻まれた歌,またその歌群の形式。奈良の薬師寺に現存する仏足石の側面の記文によれば,天平勝宝5年(753年)智努(ちぬ)王の発願によって仏足石が刻まれ,そのかたわらにこの歌碑が建てられた。
→関連項目仏足石万葉集薬師寺

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶっそくせきか【仏足石歌】

古代和歌の歌体の一つで,5・7・5・7・7・7の6句38拍からる形式。奈良の薬師寺に仏足を刻んだ仏足石と,これを賛える仏足石歌碑とが現存する。その仏足石歌碑に刻まれた21首がこの形式の歌であるところから,この名称がつけられた。仏足石に刻まれた21首は万葉仮名で記され,仏足石を賛美する歌と仏教の教えをうたった歌とである。仏足石側面の記文によれば,753年(天平勝宝5)7月に,天武天皇の孫に当たる智努(ちぬ)王(文室浄三(ふんやのきよみ))が亡き夫人(または母)の追善のために建てたとある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぶっそくせきか【仏足石歌】

奈良県、薬師寺の仏足石の傍らにある仏足石をたたえた歌碑の歌。二一首ある。作者未詳。
「仏足石歌体」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仏足石歌
ぶっそくせきか

「ぶっそくせきのうた」ともいう。仏足石(釈迦(しゃか)の足跡を紋様風に彫刻した石)に添えられた歌の意で、753年(天平勝宝5)に智努王(ちぬのおおきみ)が亡妻供養のために造立した仏足石の側の石碑に刻まれ、奈良市の薬師寺境内に現存する。仏の足跡をたたえる内容の17首と無常・生死の道理を現した4首、合計21首からなる仏教歌謡で、作者不明。これらは仏前で歌われたもので、和讃(わさん)などの先駆的存在としての意義がある。全歌が「御足跡(みあと)造る石の響きは天に到(いた)り地(つち)さへ揺(ゆす)れ父母がために諸人(もろびと)のために」のように五・七・五・七・七・七という、仏足石歌体といわれる独特の歌体をとる。なお、この歌体の歌は上代では『古事記』『日本書紀』『万葉集』『風土記(ふどき)』にも少数みられる。[遠藤 宏]
『土橋寛・小西甚一校注『日本古典文学大系3 古代歌謡集』(1957・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

仏足石歌の関連キーワード薬師寺(奈良市)益荒男・丈夫小山田与清仏足石の歌べからずや古代歌謡四つの蛇常・永久又の世具足る釈教歌愛だし客・賓八万奉る瞻る三十敬う怯し幸ひ

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android