五十(読み)イ

デジタル大辞泉の解説

い【五十】

ごじゅう。いそ。多く他の語の上に付いて、複合語として用いられる。「五十日(いか)」「五十鈴(いすず)」

い‐そ【十】

ごじゅう。また、数の多いこと。
「岩の上の松の梢に降る雪は―かへり降れ後までも見む」〈古今六帖・一〉

いそ‐じ〔‐ぢ〕【十/十路】

50歳。50年。「―の坂にさしかかる」→十路
ごじゅう。いそ。
「妙なる歌、百(ももち)余り―を書き出だし」〈後拾遺・序〉

ご‐じゅう〔‐ジフ〕【五十】

10の5倍の数。
50歳。いそじ。「五十を越える」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

い【五十】

ごじゅう。いそ。多く他の語の上に付いて複合語として用いられる。 「 -日(いか)」

いそ【五十】

ごじゅう。また、数の多いことをいう。 「岩の上の松の梢に降る雪は-かへり降れ後までも見む/古今六帖 1

ごじゅう【五十】

一の50倍。一〇の5倍。
五〇歳。いそじ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五十の関連情報