コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五十

デジタル大辞泉の解説

い【五十】

ごじゅう。いそ。多く他の語の上に付いて、複合語として用いられる。「五十日(いか)」「五十鈴(いすず)」

い‐そ【十】

ごじゅう。また、数の多いこと。
「岩の上の松の梢に降る雪は―かへり降れ後までも見む」〈古今六帖・一〉

いそ‐じ〔‐ぢ〕【十/十路】

50歳。50年。「―の坂にさしかかる」→十路
ごじゅう。いそ。
「妙なる歌、百(ももち)余り―を書き出だし」〈後拾遺・序〉

ご‐じゅう〔‐ジフ〕【五十】

10の5倍の数。
50歳。いそじ。「五十を越える」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

い【五十】

ごじゅう。いそ。多く他の語の上に付いて複合語として用いられる。 「 -日(いか)」

いそ【五十】

ごじゅう。また、数の多いことをいう。 「岩の上の松の梢に降る雪は-かへり降れ後までも見む/古今六帖 1

ごじゅう【五十】

一の50倍。一〇の5倍。
五〇歳。いそじ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

五十の関連キーワード伊太祁曽神社・伊太祁曾神社新潟県上越市三和区所山田五十日の餅・五十日の餠山形県鶴岡市山五十川栃木県日光市五十里静岡県掛川市日坂人生僅か五十年転法輪の相天命を知る五十日の餅鰓が過ぎる五十川霍皐富家松浦悦巌大喜五十三次目腐り金声を聞く五十里五十沢郭三界

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五十の関連情報