五十(読み)イ

デジタル大辞泉の解説

い【五十】

ごじゅう。いそ。多く他の語の上に付いて、複合語として用いられる。「五十日(いか)」「五十鈴(いすず)」

い‐そ【十】

ごじゅう。また、数の多いこと。
「岩の上の松の梢に降る雪は―かへり降れ後までも見む」〈古今六帖・一〉

いそ‐じ〔‐ぢ〕【十/十路】

50歳。50年。「―の坂にさしかかる」→十路
ごじゅう。いそ。
「妙なる歌、百(ももち)余り―を書き出だし」〈後拾遺・序〉

ご‐じゅう〔‐ジフ〕【五十】

10の5倍の数。
50歳。いそじ。「五十を越える」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

い【五十】

ごじゅう。いそ。多く他の語の上に付いて複合語として用いられる。 「 -日(いか)」

いそ【五十】

ごじゅう。また、数の多いことをいう。 「岩の上の松の梢に降る雪は-かへり降れ後までも見む/古今六帖 1

ごじゅう【五十】

一の50倍。一〇の5倍。
五〇歳。いそじ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

い【五十】

〘名〙 (名詞に接頭語的に付く) 五十。いそ。必ずしも数の五十を表わさず、多数を意味するのにも用いられる。
※後撰(951‐953頃)雑四・一二五六「いせ渡る河は袖より流るれどとふにとはれぬ身はうきぬめり〈伊勢〉」
[語誌](1)「い」を「いそ」の転とするのは、用例の年代から見て誤り。五十を意味する最も古い言い方は「い」だが、平安・鎌倉時代に例の多い「いか五十日)」のほかは挙例の「いせ(五十瀬)」が平安和歌に見えるのみである(「源氏‐賢木」の「すずか河八十瀬(やそせ)の波に濡れ濡れずいせまで誰か思ひおこせむ」は地名の伊勢と「五十瀬」を掛けたものか)。
(2)奈良時代には数詞としての用例はないが、「万葉集」には「五十日太(いかだ)」(五〇)「五十母不宿二(いも寝ずに)」(一七八七)「五十寸手(生きて)」(二九〇四)「五十戸常(言へど)」(六七四)のように「五十」を借訓仮名のイとして用いた例が多数あり、この時代にも「い‐」と言ったと思われる。
(3)「いそ(ぢ)」は、「みそ(ぢ)」「よそ(ぢ)」などからの類推で新たに作られた形。なお、五の意の「いつ‐つ」や五百の意の「いほ‐」との関係は未詳。

い‐そ【五十】

〘名〙 (「い」は五、「そ」は十の古語) 数のごじゅう。また、数の多いこと。いそじ。
※古今六帖(976‐987頃)一「いはのうへの松のこずゑにふる雪はいそかへりふれのちまでも見ん」
[補注]この語にあたる上代の形は「い」。→「い(五十)」の語誌

ご‐じゅう ‥ジフ【五十】

〘名〙
① 一〇の五倍。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 人の年齢で五〇歳。〔文明本節用集(室町中)〕
※雑俳・柳多留‐二(1767)「大こくは五十にたらぬ餠を喰ひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五十の関連情報