三十(読み)サンジュウ

  • さんじゅう ‥ジフ
  • さんじゅう〔ジフ〕
  • みそ
  • みそじ〔ぢ〕
  • 三▽十
  • 三▽十/三▽十路
  • 三十/×卅

デジタル大辞泉の解説

10の3倍の数。
30歳。みそじ。
数のさんじゅう。「三十日(か)」「三十路」
《古くは「みそち」》
30歳。「―を越える」→十路
30。みそ。
「―あまり二つの相(かたち)八十(やそ)種(くさ)とそだれる人の踏みし跡どころ稀にもあるかも」〈仏足石歌

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 一〇の三倍の数。
※源氏(1001‐14頃)宿木「子もちの御前の衝重(ついがさね)三十、ちごの御ぞ、五襲(いつかさね)にて」 〔詩経‐小雅・無羊〕
② 年齢の三〇歳をいう。
※源氏(1001‐14頃)賢木「卅にてぞ、今日また九重を見給ひける」 〔礼記‐内則〕
〘名〙
① 三〇。名詞・助数詞の前に直接つけて用いる。→みそじ
② 物の数を、声に出して順に唱えながら数えるときの三〇。
※源氏(1001‐14頃)空蝉「十(とを)・二十(はた)・みそ・四十(よそ)なとかさふるさま」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三十の関連情報