三十/卅(読み)サンジュウ

デジタル大辞泉の解説

さん‐じゅう〔‐ジフ〕【三十/×卅】

10の3倍の数。
30歳。みそじ。

み‐そ【三十】

数のさんじゅう。「三十日(か)」「三十路」

みそ‐じ〔‐ぢ〕【三十/三十路】

《古くは「みそち」》
30歳。「―を越える」→十路
30。みそ。
「―あまり二つの相(かたち)八十(やそ)種(くさ)とそだれる人の踏みし跡どころ稀にもあるかも」〈仏足石歌

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みそ【三十】

さんじゅう。多く他の語と複合して用いる。 「 -一文字ひともじ」 「 -日(みそか)」 「十とお・二十はた・-・四十よそなどかぞふるさま/源氏 空蟬

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐じゅう ‥ジフ【三十】

〘名〙
① 一〇の三倍の数。
源氏(1001‐14頃)宿木「子もちの御前の衝重(ついがさね)三十、ちごの御ぞ、五襲(いつかさね)にて」 〔詩経‐小雅・無羊〕
② 年齢の三〇歳をいう。
※源氏(1001‐14頃)賢木「卅にてぞ、今日また九重を見給ひける」 〔礼記‐内則〕

み‐そ【三十】

〘名〙
① 三〇。名詞・助数詞の前に直接つけて用いる。→みそじ
② 物の数を、声に出して順に唱えながら数えるときの三〇。
※源氏(1001‐14頃)空蝉「十(とを)・二十(はた)・みそ・四十(よそ)なとかさふるさま」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android