コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千屋牛 チヤギュウ

デジタル大辞泉プラスの解説

千屋牛(ちやぎゅう)

岡山県新見千屋地区を中心に肥育される黒毛和種の牛肉のうち、一定の基準を満たしたもの。地域団体商標

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

千屋牛[畜産]
ちやぎゅう

中国地方、岡山県の地域ブランド。
岡山県新見市千屋地区を中心に肥育された牛肉。1834(天保5)年、新見市千屋において製鉄業で財を成した太田辰五郎が、和牛のセリ市場を創設し飼育と普及につとめたことで、千屋牛の基礎がつくられた。日本最古のつる牛である竹の谷蔓牛の血統をひいている。ほどよい霜降りと赤身が特徴。2007(平成19)年6月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5054531号。地域団体商標の権利者は、阿新農業協同組合。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

世界大百科事典内の千屋牛の言及

【高梁川】より

…上流部の中国山地でたたら製鉄が明治期まで行われていたため,大量の土砂が排出され,これが下流の沖積平野の形成を促進した。上流部はまた千屋(ちや)牛で名高い和牛の産地である。中流部は吉備高原を刻むV字谷で,新見市南部には井倉洞があり,その下流には高梁市街がある。…

※「千屋牛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

千屋牛の関連キーワード県内のブランド牛岡山県新見市新見(市)中国地方

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千屋牛の関連情報