コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千日参り センニチマイリ

3件 の用語解説(千日参りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せんにち‐まいり〔‐まゐり〕【千日参り】

千日の間、毎日寺社に参詣すること。千日詣で。
1日参詣すると千日間参拝するのと同じ功徳(くどく)があるといわれる特定の日に参詣すること。浅草寺では陰暦7月10日とされた。四万六千日千日詣で

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せんにちまいり【千日参り】

千日間、祈願のために毎日神社・仏閣に参ること。千日詣で。
江戸時代、特定の日(江戸浅草寺では陰暦7月10日)に参詣すると千日間に相当する功徳があるとされ、寺社に参詣したこと。千日詣で。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千日参り
せんにちまいり

累積祈願の一種。千日詣(もう)でともいう。痛切な願い事のあるとき、同じ神社や仏閣に1000日間参り続けること。神仏がその努力を認めて、願いをかなえてくださるだろうという心情に基づく。のちには、特定の1日に参詣(さんけい)するだけで、1000日参詣するのと同じ功徳(くどく)があるとする日をいう。旧暦7月10日をその日とするところもあるが、現在は京都の清水(きよみず)寺(8月8~10日)や大阪の四天王寺(8月9、10日)の千日参り、京都・愛宕(あたご)神社(7月31日)の千日詣でなどが著名である。また大阪・四天王寺で毎年7月24、25日に、念仏を唱える信者の集まることも千日参りという。[井之口章次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の千日参りの言及

【四万六千日】より

…この称は江戸時代になって浅草寺で用いられたもので,享保20年(1735)版の《続江戸砂子》に見えている。それまでは浅草寺でも千日参りといわれていた。《閭里歳時記》(安永9年(1780)の序)には〈石原清水寺の観音四万六千日参といふ事あり〉とあって,だんだん広まっていった様子がうかがわれる。…

※「千日参り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

千日参りの関連情報