コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千日参り センニチマイリ

3件 の用語解説(千日参りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せんにち‐まいり〔‐まゐり〕【千日参り】

千日の間、毎日寺社に参詣すること。千日詣で。
1日参詣すると千日間参拝するのと同じ功徳(くどく)があるといわれる特定の日に参詣すること。浅草寺では陰暦7月10日とされた。四万六千日千日詣で

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せんにちまいり【千日参り】

千日間、祈願のために毎日神社・仏閣に参ること。千日詣で。
江戸時代、特定の日(江戸浅草寺では陰暦7月10日)に参詣すると千日間に相当する功徳があるとされ、寺社に参詣したこと。千日詣で。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千日参り
せんにちまいり

累積祈願の一種。千日詣(もう)でともいう。痛切な願い事のあるとき、同じ神社や仏閣に1000日間参り続けること。神仏がその努力を認めて、願いをかなえてくださるだろうという心情に基づく。のちには、特定の1日に参詣(さんけい)するだけで、1000日参詣するのと同じ功徳(くどく)があるとする日をいう。旧暦7月10日をその日とするところもあるが、現在は京都の清水(きよみず)寺(8月8~10日)や大阪の四天王寺(8月9、10日)の千日参り、京都・愛宕(あたご)神社(7月31日)の千日詣でなどが著名である。また大阪・四天王寺で毎年7月24、25日に、念仏を唱える信者の集まることも千日参りという。[井之口章次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の千日参りの言及

【四万六千日】より

…この称は江戸時代になって浅草寺で用いられたもので,享保20年(1735)版の《続江戸砂子》に見えている。それまでは浅草寺でも千日参りといわれていた。《閭里歳時記》(安永9年(1780)の序)には〈石原清水寺の観音四万六千日参といふ事あり〉とあって,だんだん広まっていった様子がうかがわれる。…

※「千日参り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

千日参りの関連キーワード熊野詣で朝観音詣す社参千日七日詣で日参二万五千日富士詣で御岳参り

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

千日参りの関連情報