コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千田貞暁 せんだ さだあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千田貞暁 せんだ-さだあき

1836-1908 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)7年7月29日生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士として戊辰(ぼしん)戦争に従軍。明治13年広島県令(19年から知事)となり,22年宇品(うじな)港を完成させる。以後新潟,和歌山,愛知,京都,宮崎の知事をつとめた。37年貴族院議員。明治41年4月23日死去。73歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

千田貞暁

没年:明治41.4.23(1908)
生年:天保7.7.29(1836.9.9)
明治期の地方官。鹿児島藩士の子として生まれ,幕末の志士として国事に奔走,薩英戦争(1863)にも参加,戊辰戦争(1868~69)にも従軍する。維新後は東京,広島,新潟,和歌山,愛知,京都,宮崎各地に知事などとして奉職。また,男爵を授けられ,明治37(1904)年には貴族院議員となる。中央官庁との軋轢も辞さないという気骨のある薩摩系地方官として活躍し,特に広島県宇品港建設では大きな功績があった。その一方で第2回総選挙(1892)では選挙干渉で名をあげた。<参考文献>広島県編『千田知事と宇品港』

(季武嘉也)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

千田貞暁の関連キーワード宮本 二七郎寺尾小八郎宮本二七郎広島(市)下田収蔵明治時代武士官僚

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android