コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千網谷戸遺跡 ちあみがやといせき

世界大百科事典 第2版の解説

ちあみがやといせき【千網谷戸遺跡】

関東平野の最北端,群馬県桐生市川内町にある縄文晩期を主体とする遺跡。縄文後期の配石遺構や弥生時代の土坑墓もある。遺跡は山田川が渡良瀬川に合流する付近の2段目の河岸段丘の,東西約350m,南北100mの範囲にあるが,開発の進により次第に旧状をとどめないようになっている。遺跡の存在は戦前から知られていたが,薗田芳雄により1946年以来二十数度にわたり発掘調査され,とくに北関東における縄文晩期最終末の土器型式である千網式が設定されたことから有名になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

千網谷戸遺跡の関連キーワード関東平野桐生市

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android