コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桐生市 きりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桐生〔市〕
きりゅう

群馬県東部,栃木県との県境にある市。渡良瀬川桐生川の合流点に位置し,赤城山の東南斜面に飛び地がある。 1921年市制。 1933年境野村,1937年広沢村,1954年相生村,梅田村の2村と川内村の一部,1959年栃木県菱村をそれぞれ編入。 2005年新里村と黒保根村を編入して飛び地とした。中心市街地の桐生は谷口集落として発達した市場町。周辺の養蚕地域を背後にもち,古くから仁田山絹の産地として知られた。天正 19 (1591) 年桐生領 54ヵ村の住民を移して桐生新町がつくられ,慶長5 (1600) 年関ヶ原の戦いの際に旗絹 2410疋を上納したのを契機に江戸幕府の保護を受けて著しく発展した。その後糸染織物が始められ,技術,織法の改良により桐生絹の名は全国に広まった。明治に輸出用絹織物の生産が始まり,工場での機械製織が増加し,周辺に多数の賃機農家と少数の機屋と小工場が点在する広い機業圏を構成した。第2次世界大戦後,機械,金属の工場が増加したが,繊維工業は事業所数の半分以上を占め,北関東屈指の機業都市としての地位を保つ。近年は国内向けの紋織御召,帯地,服地などを中心に輸出用の絹織物も生産される。川内に縄文時代の集落跡の上野千網谷戸遺跡 (こうずけちあみがいどいせき) があり,出土品の一部は国の重要文化財に指定されている。 JR両毛線,東武鉄道桐生線が通り,上毛電気鉄道,わたらせ溪谷鐡道の起点。国道 50号線,122号線,353号線が通る。面積 274.45km2。人口 11万4714(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きりゅう‐し〔きりふ‐〕【桐生市】

桐生

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

桐生市の関連キーワード群馬県桐生市黒保根町八木原群馬県桐生市黒保根町下田沢群馬県桐生市黒保根町上田沢群馬県桐生市新里町大久保群馬県桐生市黒保根町水沼群馬県桐生市新里町鶴ケ谷群馬県桐生市新里町赤城山群馬県桐生市広沢町間ノ島群馬県桐生市黒保根町宿廻群馬県桐生市新里町新川群馬県桐生市新里町板橋群馬県桐生市新里町小林群馬県桐生市新里町高泉群馬県桐生市東久方町マーケットシティ桐生群馬県桐生市新里町野群馬県桐生市小曾根町群馬県桐生市新里町関群馬県桐生市美原町群馬県桐生市平井町

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桐生市の関連情報