コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉ロッテマリーンズ チバロッテマリーンズ

とっさの日本語便利帳の解説

千葉ロッテマリーンズ

marine=海兵隊(川崎からの移転に伴い千葉らしい名前を一般公募。海にもちなんでいたため選出)

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

千葉ロッテマリーンズ

日本プロ野球、パシフィック・リーグに所属する球団のひとつ。1950年発足。千葉県をフランチャイズとする。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千葉ロッテマリーンズ
ちばろってまりーんず

日本のプロ野球球団。パシフィック・リーグ(パ・リーグ)所属。欧文表記はChiba Lotte Marines。フランチャイズを千葉県に置き、千葉マリンスタジアムを本拠地としている。球団名の変遷は、毎日オリオンズ(1950年)―毎日大映(大毎)オリオンズ(1958年)―東京オリオンズ(1964年)―ロッテオリオンズ(1969年)―千葉ロッテマリーンズ(1992年)。
 1950年(昭和25)の2リーグ分立と同時に発足した毎日オリオンズが母体。1リーグ時代からあった大映スターズと、1954年に発足した高橋ユニオンズが1957年に合併して大映ユニオンズとなり、これが1958年に毎日へ吸収されて毎日大映(大毎)オリオンズとなった。毎日時代の1950年、球団発足初年度にリーグ優勝し、日本シリーズでも松竹ロビンスを降して日本一となった。その後は南海ホークス(現、福岡ソフトバンクホークス)や西鉄ライオンズ(現、埼玉西武ライオンズ)の後塵(こうじん)を拝したものの、大毎時代の1960年にふたたびリーグ優勝。好打の田宮謙次郎(けんじろう)(1928―2010)、首位打者となった榎本喜八(えのもときはち)(1936―2012)、本塁打と打点の二冠王で最高殊勲選手(現、最優秀選手)となった山内一弘(1932―2009)らの打撃陣は「ミサイル打線」とよばれ、強打で他球団を圧倒した。ロッテと業務提携し、1969年球団名をロッテオリオンズと改称。1970年には、成田文男(1946―2011)、木樽正明(きたるまさあき)(1947― )の2人の20勝投手を擁し、3回目のリーグ優勝を果たした。1962年から本拠地として使用していた東京スタジアムの閉鎖に伴って、1973年からは仙台市を準フランチャイズとし、県営宮城球場(現、日本製紙クリネックススタジアム宮城)を使用。1974年には金田正一(まさいち)監督の下でリーグ優勝し、日本シリーズでは中日ドラゴンズを降して2回目の日本一となった。1978年横浜大洋ホエールズ(現、横浜DeNAベイスターズ)の横浜スタジアムへの本拠地移転を受けて川崎球場を本拠地とし、以降、狭い球場を利してレロン・リーLeron Lee(1948― )とレオン・リーLeon Lee(1952― )のリー兄弟、三冠王3回の落合博満(ひろみつ)、有藤道世(ありとうみちよ)(1946― )らがホームランを量産。投手にも豪速球の村田兆治(ちょうじ)らが登場したが、優勝することはできなかった。1992年(平成4)千葉にフランチャイズを移転し、これを機に球団名を千葉ロッテマリーンズに変更した。2004年(平成16)、長期にわたる不振から脱出すべく、1995年に1年間だけチームを率い2位の好成績を残したボビー・バレンタインを監督に起用。2年目の2005年に2位となり、前年からパ・リーグが導入した公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームによるプレーオフ(現、クライマックス・シリーズ)で、3位の西武ライオンズ(現、埼玉西武ライオンズ)、1位の福岡ソフトバンクホークスを破り、31年ぶりとなるリーグ優勝を果たした(2007年からは公式戦1位がリーグ優勝)。さらに、日本シリーズでは阪神タイガースを4連勝で降し、3回目の日本一となった。2010年にはシーズン3位ながら、クライマックス・シリーズを勝ち上がり、日本シリーズでは中日を4勝2敗1分けで破り日本一となった。
 2011年までの通算成績は、4008勝3937敗339分け、リーグ優勝5回、クライマックス・シリーズ優勝1回、日本シリーズ優勝4回。[山下 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

千葉ロッテマリーンズの関連キーワードクライマックスシリーズQVCマリンフィールドイースタンリーグKOUSAKU東京ドリームス挑発ポスターリーンちゃん育成ドラフト先発6人制ズーちゃんマリーンズ稲尾和久若林忠志岡田幸文小山正明野村克也新川寛人石井浩郎井口資仁山内一弘

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千葉ロッテマリーンズの関連情報