コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落合博満 おちあいひろみつ

4件 の用語解説(落合博満の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

落合博満
おちあいひろみつ

[生]1953.12.9. 秋田
プロ野球選手。日本人初の1億円プレーヤー。秋田工業高校時代は無名選手。東洋大学に入るが中退,一時はプロボウラーを目指したが,ノンプロの東芝府中に誘われて3年間在籍。 1979ドラフト3位でロッテ・オリオンズに入団。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おちあい‐ひろみつ〔おちあひ‐〕【落合博満】

[1953~ ]プロ野球選手・監督。秋田の生まれ。社会人野球を経てプロ野球のロッテに入団。神主打法(かんぬしだほう)と呼ばれる打撃フォームで、3度の三冠王を獲得した。その後、中日巨人日本ハムと移籍して活躍。通算安打2371本、打率3割1分1厘、本塁打510本。引退後は解説者を経て中日の監督に就任。平成19年(2007)にはチーム日本一に導いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

落合博満 おちあい-ひろみつ

1953- 昭和後期-平成時代のプロ野球選手,監督。
昭和28年12月9日生まれ。東芝府中をへて,昭和54年ロッテに入団。右中間に長打をとばす独特の打法で,56年首位打者。57年三冠王。58年首位打者。60,61年と2年連続三冠王となる。62年中日にうつり,本塁打王と打点王各2回。平成6-8年巨人。9-10年日本ハム。実働20年,通算2371安打,3割1分1厘,510本塁打。15年中日監督に就任。16年,18年リーグ優勝。19年リーグ2位となるがクライマックスシリーズで1位の巨人を破って,日本ハムと日本シリーズを戦い日本一となる。同年正力松太郎賞。23年野球殿堂入り。25年中日のゼネラルマネジャー就任。秋田県出身。東洋大中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

落合博満
おちあいひろみつ
(1953― )

プロ野球選手(内野手:右投右打)、監督。12月9日、秋田県生まれ。秋田工業高では無名の選手で、東洋大学に進学したものの厳しい上下関係を受け入れられず半年で退部。一時プロボウラーを目ざした後、社会人野球の東芝府中に入り、1978年(昭和53)のドラフト3位で1979年ロッテオリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)に入団、当時すでに25歳だった。2年目にイースタン・リーグ(二軍リーグ)で5試合連続ホームランを打ってシーズン後半に一軍に昇格、3年目には首位打者を獲得、翌1982年には史上最年少の三冠王となった。1985年は打率3割6分7厘、52本塁打、146打点という驚異的な成績をあげて2回目の三冠王。翌1986年には2年連続で三冠王を獲得、史上初となる3回目の三冠王となった。1987年自ら希望して中日ドラゴンズに移籍し、日本人選手として初めて年俸が1億円を突破、以後しばらく日本人最高年俸の選手として、プロ野球選手の年俸アップに影響を与えた。その後も読売ジャイアンツ(巨人)、日本ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズ)と球団を移り、1998年(平成10)に、45歳目前で引退した。プロ入りが遅かったため、通算記録での日本記録はないが、昭和後半から平成にかけて、日本を代表する選手であった。2003年10月、中日ドラゴンズ監督就任。2004年、2006年にリーグ優勝、2007年は公式戦(レギュラーシーズン)2位に終わったが、同年からセントラル・リーグが導入したクライマックス・シリーズ(公式戦上位3チームによるプレーオフ)で3位の阪神タイガース、1位の読売ジャイアンツを破り、日本シリーズへ進出。北海道日本ハムファイターズを降して、中日ドラゴンズを53年ぶり2回目の日本一へ導いた。和歌山県太地(たいじ)町に落合博満野球記念館(1993年開設)がある。[森岡 浩]
 選手としての20年間の通算成績は、出場試合2236、安打2371、打率3割1分1厘、本塁打510、打点1564。獲得したおもなタイトルは、首位打者5回、本塁打王5回、打点王5回、三冠王3回、最優秀選手(MVP)2回、ベストナイン10回。監督としての2007年までの通算成績は、323勝240敗11分、勝率5割7分4厘、リーグ優勝2回、クライマックス・シリーズ優勝1回、日本シリーズ優勝1回。[編集部]
『落合博満著『なんと言われようとオレ流さ』(1986・講談社) ▽落合博満著『プロフェッショナル』(1999・ベースボール・マガジン社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

落合博満の関連キーワード関根潤三森祇晶山田久志吉田義男若松勉大沢啓二クロマティ佐々木信也立浪和義根来泰周

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

落合博満の関連情報