(読み)はん

精選版 日本国語大辞典 「半」の意味・読み・例文・類語

はん【半】

〘名〙
なかば。二つに分けた一つ。
※とはずがたり(14C前)三「御すはんにあけらる」
※春迺屋漫筆(1891)〈坪内逍遙〉壱円紙幣の履歴ばなし「我悲みを半(ハン)にす」 〔易経‐繋辞下〕
② 刻または時間の二分の一をいう。「二つ半」「午前六時半」など。
※羅葡日辞書(1595)「ヒトトキ fan(ハン)
③ 二で割りきれない数。奇数。丁(ちょう)の対。「丁か半か」
※今川大双紙(15C前)上指をさす次第之事「矢数てうにささば、鞭を一筋指そゆる也。若又矢数半ならば、べちに指べき也」
④ 田の面積をいう。一段の半分。太閤検地以前は、一八〇歩、それ以後は一五〇歩をいう。
※大賀村検注取帳副日記‐応永一一年(1404)一一月二五日(古事類苑・政治七二)「六十歩と云は足数六十也、小と云は二六十歩也、半と云は三六十歩也 大と云は四六十歩也」
⑤ (「はんかつう(半可通)」の略) 半粋のこと。近世の美意識で、野暮より以下とされた。
随筆・独寝(1724頃)下「わるうすいになりて、夫にりんきせずに居る女あり。是は半といふものにして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「半」の意味・読み・例文・類語

はん【半】[漢字項目]

[音]ハン(呉)(漢) [訓]なかば
学習漢字]2年
二つに分けた片方。全体の二分の一。「半額半径半減半身半日半半半分一半過半折半前半大半
まだ全体に行き渡らない。中途。「半旗半熟半可通夜半やはん
奇数。「丁半
(文字分析から)八十一歳。「半寿
[名のり]なか
難読半銭きなか半蔀はじとみ半被はっぴ半靴ほうか夜半よわ

はん【半】

半分。半分の数量。2分の1。「一個」「一メートル
正時から30分過ぎた時。「六時
2で割り切れない数。奇数。「ちょうか」⇔
田畑の面積の単位太閤検地以前は180歩、以後は150歩。
名詞の上に付いて、なかば、または、ほとんどその状態であることなどの意を表す。「植民地」「狂乱」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典(旧版)内のの言及

【丁半】より

…さいころ2個を使ってする賭博。丁半賭博ともいう。丁とは偶数,半とは奇数のことである。…

※「半」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android