コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半靴 ハンカ

デジタル大辞泉の解説

はん‐か〔‐クワ〕【半靴】

ほうか(半靴)

はん‐ぐつ【半靴】

足首から下を入れてはく浅い靴。短靴。
「釦留(ぼたんどめ)の―を脱いで」〈風葉青春
ほうか(半靴)」に同じ。
「―著(は)いて、二騎づつ左右に打ち並びたり」〈太平記・二四〉

ほう‐か〔ハウクワ〕【半靴】

《「はんか」の音変化》靴(か)の沓(くつ)から帯(かたい)を除いて簡略化したもの。略儀の際の乗馬用の履物。はんぐつ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はんか【半靴】

ほうか【半靴】

〔「はんか」の転〕
靴帯かたいを省略した靴の沓くつ。略儀の際の騎乗用とされた。はんぐつ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の半靴の言及

【くつ(沓∥履)】より

…靴は立てあげのあるなめし革のくつで,武官の礼服に用いた。半靴(ほうか)は靴を簡略にしたもので,靴先をとがらせ,靴帯(かたい)を省き,平安時代から武士が乗馬に用いた。鞋には,錦鞋(きんかい),挿鞋(そうかい),糸鞋(しかい),草鞋(わらぐつ)がある。…

【束帯】より

…袍の上から革帯(かくたい)を締めるが,石帯とか玉帯といわれ,後ろ腰に当たる部分に石や玉の飾りがついている。履に数種あり,浅沓(あさぐつ)は平常用とし,靴(か)は儀式や行事に,深沓は雨泥の日に,半靴(ほうか)は乗馬のとき,挿鞋(そうかい)は天皇が殿上ではく沓,糸鞋(しかい)は幼童や舞楽に用いられる。(しとうず)はいわゆる靴下である。…

※「半靴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

半靴の関連キーワード尻っ端折り半靴・半沓靴・沓・履履き物はこゆ壺装束靴足袋小脛毛沓束帯足袋靴氈

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

半靴の関連情報