コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卒族 ソツゾク

3件 の用語解説(卒族の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そつ‐ぞく【卒族】

明治初期、軽輩武士に対する身分的呼称。明治5年(1872)世襲であった者を士族、1代限りの者を平民に編入して廃止。卒。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そつぞく【卒族】

明治初年の身分呼称の一。足軽以下の下級武士に相当する。1870年(明治3)から行われたが72年廃止、世襲の者は士族、一代抱えの者は平民に編入された。卒。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

卒族
そつぞく

明治初年、新政府が江戸時代士農工商身分制度を廃止した当時、短期間、旧武士の一部に設けた身分上の呼称。版籍奉還を契機に、旧来の身分制度は、華族、士族、平民に新たに区分され、再編されることになった。具体的措置として、新政府は、旧公卿(くぎょう)と諸藩藩主を華族にあて、また旧武士を士族に、農工商を平民と規定した。しかし、1870年(明治3)の藩制発布にあたって、旧武士層のなかでも旧足軽(あしがる)以下の下級武士を「卒族」と改称して士族の身分から区別した。その後、72年に新政府は卒族の名称を廃止し、彼らを士族と平民に分けて編入する措置を進め、75年までに完了した。[石塚裕道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の卒族の言及

【足軽】より

…ちなみに幕府には足軽の称はなかった。明治維新をむかえて,足軽はすべていったんは卒族に編入されて士族とは区別された。だが,のちに譜代の者は士族に加えられ,他は平民に編入されたのである。…

【四民平等】より

…その過程は,1869年(明治2)6月版籍奉還にさいし公卿・諸侯(旧藩主)を華族に,平士以上の藩士などを士族としたことに始まる。69年12月同心など下士層を卒族としたが,72年1月卒族は廃され,郷士などの世襲のものは士族に,他は平民となった。一方,農工商三民は平民とされたが,平民の称は1870年9月〈自今平民苗字被差許〉との布告が初出。…

※「卒族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

卒族の関連キーワード徒士納屋制度八十年戦争武士道えた議官軽輩対す武士に二言なし弓矢取る身

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

卒族の関連情報