コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政府管掌健康保険 せいふかんしょうけんこうほけん

4件 の用語解説(政府管掌健康保険の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

政府管掌健康保険

中小企業のサラリーマンが加入する医療保険。1927年に工場労働者を対象にした健康保険法が施行された際、保険者は組合が原則だったが、政府も運営主体となった。約150万事業所に、約3600万人が加入している。給付の13%が国庫負担。保険料率ボーナスも含めた総報酬制で8.2%。

(梶本章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せいふかんしょう‐けんこうほけん〔セイフクワンシヤウケンカウホケン〕【政府管掌健康保険】

政府運営の健康保険。自社の健康保険組合をもたない中小企業の従業員が対象。実際の運営は社会保険庁が担当した。社会保険庁改革により、平成20年(2008)10月から、運営は新たに設立された全国健康保険協会に引き継がれ全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)に移行した。政管健保。→組合管掌健康保険

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せいふかんしょうけんこうほけん【政府管掌健康保険】

常時5人以上の雇用労働者を使用する事業所に使用される雇用労働者は,強制的に健康保険の被保険者とされる。健康保険の保険者には,政府と健康保険組合があるが,前者によって運営される健康保険を政府管掌健康保険(政管健保),後者によるものを組合管掌健康保険(組合健保)と呼んでいる。政管健保は,健康保険組合の設立されていない事業所(設立基準等については〈組合管掌健康保険〉の項参照)に使用される雇用労働者および日雇労働者を被保険者として運営されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せいふかんしょうけんこうほけん【政府管掌健康保険】

健康保険組合がない事業所の労働者を被保険者とした、国の運営による健康保険。2008 年(平成 20)10 月に全国健康保険協会に移管して、全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)となった。政管健保。 → 全国健康保険協会管掌健康保険

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の政府管掌健康保険の言及

【医療保険】より

…公務員関係は共済組合であるが,これも年金制度と医療保険をあわせた制度となっている。 まず,民間企業の被用者は健康保険(健康保険法にもとづく医療保険,つまり組合管掌健康保険および政府管掌健康保険をいう。ただし,健康保険という語は医療保険の総称として使われることもある)に加入するが,常時700人以上の被保険者を有する事業所では,それぞれに健康保険組合をつくり独自に運営できる。…

※「政府管掌健康保険」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

政府管掌健康保険の関連情報