南アフリカ戦争(読み)みなみアフリカせんそう(英語表記)South African War; Boer War

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南アフリカ戦争
みなみアフリカせんそう
South African War; Boer War

ブール戦争,ボーア戦争,南阿戦争とも呼ばれる。 1899~1902年にイギリスとボーア人が建てたトランスバール共和国およびオレンジ自由国との間に行われた戦争。トランスバールで金鉱が発見されて以来,イギリスは同地に大量の移民を行い市民権と選挙権を要求し,また 1881年以降自治を認められていたトランスバール共和国に対し,宗主権を主張した。さらにアフリカ南部にイギリス人が支配的勢力を握る経済・政治上の連合体制の建設を企図,これに対抗してトランスバールは同じボーア人の建てたオレンジ自由国と軍事同盟を結んだため両者の関係は悪化し,99年 10月戦争が開始された。 1900年6月イギリス軍がトランスバールに侵入しこれを占領,同年9月トランスバール共和国のイギリス併合を宣言。しかしボーア軍がゲリラ戦によって反抗を続けたため戦争は長引いたが,02年5月フェレーニヒンク条約を調印し,トランスバール共和国,オレンジ自由国をイギリス領植民地とすることによって戦争は終結した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

みなみアフリカせんそう【南アフリカ戦争】

1899年イギリスが南アフリカの金やダイヤモンドの獲得のため、トランスバール共和国・オレンジ自由国を侵略した戦争。両国は激しく抵抗したが、1902年に併合された。ブール戦争。ボーア戦争。南ア戦争。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南アフリカ戦争の関連情報