コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南洋杉 ナンヨウスギ

デジタル大辞泉の解説

なんよう‐すぎ〔ナンヤウ‐〕【南洋杉】

ナンヨウスギ科の常緑高木。生長が早く、樹皮はざらざらして横に裂け、枝は輪生する。葉は針形。オーストラリアの原産で、日本では温室で栽培。アローカリア。
ナンヨウスギ科の裸子植物総称。38種がインドシナ・ニュージーランドを中心に分布。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なんようすぎ【南洋杉】

ナンヨウスギ科の常緑高木。オーストラリア・南アメリカに自生。原産地では高さ60メートルに達する。熱帯の山地に栽植。樹形は円錐状で下枝は地に垂れる。葉は針形で剛直。雌雄異株。
ナンヨウスギ科ナンヨウスギ属の高木の総称。材は軽く熱帯高地に広く造林されるほか、樹形が美しく、日本では鉢植えにして観賞用に栽植される。アローカリア。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

南洋杉 (ナンヨウスギ)

学名:Araucaria cunninghamii
植物。ナンヨウスギ科の園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

南洋杉の関連キーワードオーストラリアアローカリア雌雄異株鉢植え原産地針形栽植自生下枝山地樹形

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android