コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南淵年名 みなぶちの としな

2件 の用語解説(南淵年名の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南淵年名 みなぶちの-としな

807-877 平安時代前期の公卿(くぎょう),漢学者。
大同(だいどう)2年生まれ。南淵永河(ながかわ)の子。勘解由(かげゆ)長官,左右大弁などをへて貞観(じょうがん)6年参議,のち大納言,正三位にいたる。「貞観格式」の制定,「文徳実録」の編修にくわわった。死去の直前わが国初の尚歯会(しょうしかい)(賀寿の詩会)をもよおしている。貞観19年4月8日死去。71歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

南淵年名

没年:元慶1.4.8(877.5.24)
生年:大同2(807)
平安初期の公卿。因幡守永河の子。弘仁14(823)年,坂田の姓を南淵に改めている。筑前,尾張などの国守や左右大弁などを歴任し,貞観10(868)年中納言に任じられた。『貞観格』『貞観式』など法制の整備や『文徳実録』の編纂に従事するとともに,応天門の変(866)に際しては伴善男を尋問するなど,実務面での活躍も目立つ。聡明で器量人であったといい,職務には常に清幹をもって対処したというのが『三代実録』での人物評。同18年12月大納言となったが病に倒れ,4カ月後,子の良臣を使者として致仕を願い出,当日没した。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南淵年名の関連キーワード正親町実光世尊寺伊俊藤谷為脩冷泉為頼弘仁凌雲集因幡氏の院観察使藤原仲統

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone