コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南相木[村] みなみあいき

世界大百科事典 第2版の解説

みなみあいき【南相木[村]】

長野県東部,南佐久郡の村。人口1334(1995)。千曲川東岸の支流南相木川が村の中央部を北西に流れ,川沿いに耕地が開けるが,総面積のほとんどは関東山地に属する。川の上流にある奥三川渓谷は代表的な景勝地。主産業は農業で,近年ハクサイ,レタスなどの高原野菜の栽培が急増し,農産物販売総額の80%近くを占める。マツタケの産地として有名で,ほかに菊,ナメコなどの栽培も行われる。【柳町 晴美】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

南相木[村]の関連キーワード建武ヨハネス大仏高直長崎高貞建武林城アビニョン教皇庁元弘建武年中行事ジョットの鐘楼

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android