コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南部師行 なんぶもろゆき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南部師行
なんぶもろゆき

[生]?
[没]延元3=暦応1(1338).5.22. 和泉,石津
南北朝時代の奥州八戸 (はちのへ) の南朝方武将。延元2=建武4 (1337) 年北畠顕家に従って西上,高師直と戦い,顕家とともに戦死。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南部師行 なんぶ-もろゆき

?-1338 鎌倉-南北朝時代の武将。
南部政行の次男。母の兄である南部長継の養子。建武(けんむ)元年陸奥守(むつのかみ)北畠顕家(きたばたけ-あきいえ)の赴任にしたがい,陸奥国代となる。建武4=延元2年顕家とともに京都をめざし,翌年和泉(いずみ)(大阪府)石津浜で高師直(こうの-もろなお)の軍とたたかい5月22日戦死。通称は又次郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

南部師行

没年:暦応1/延元3.5.22(1338.6.10)
生年:生年不詳
南北朝時代の武将。遠江守。父は政行。母は南部実継の娘。母の兄である南部長継の養子となり,家督を継ぎ,甲斐国波木井郷(山梨県身延町)を領した。正慶2/元弘3(1333)年北畠顕家に従い陸奥国に下向して,糠部郡八戸の根城(青森県八戸市)を拠点とした。建武1(1334)年鹿角郡の闕所地を与えられ,翌年に旧幕府の与党の反乱を平定した。足利尊氏が建武政権に反旗を翻すと,その追討のため北畠顕家は上洛して尊氏を九州に追ったが,師行は陸奥にとどまり,南朝勢力を糾合して,足利方と攻防を繰り返した。建武4/延元2年顕家の再度の上洛に従って,伊勢,伊賀を経て,和泉国石津(大阪府堺市)まで軍を進めたが,ここで顕家と共に討死した。

(伊藤喜良)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の南部師行の言及

【南部氏】より

…鎌倉時代末に北条氏の代官として糠部郡に来た,というのが糠部郡との関係のはじまりであろう。南北朝期には南部師行が建武政府の陸奥国府に重用され,活躍している(糠部郡国代といわれる)。その後しだいに勢力を津軽地方に拡大し,1432年(永享4)津軽安藤氏を〈ゑぞが島〉(北海道)に追っている。…

※「南部師行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

南部師行の関連キーワード青森(県)八戸(市)八戸根城七戸城跡南部政行根城跡

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android