コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南頓北漸 なんとんほくぜん

3件 の用語解説(南頓北漸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南頓北漸
なんとんほくぜん

仏教用語。中国,唐代の禅宗の2つの大きな流れに対する教理の面からの呼称。5祖の弘忍の弟子神秀は,長安,洛陽など北部を中心に禅を説き,種々の段階を経て修行によって悟りに到達すると主張したので,その系統を漸悟を説く北宗禅という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

なんとんほくぜん【南頓北漸】

南宗禅と北宗禅の宗風の相違を示す言葉。南宗は頓悟とんご、北宗は漸悟ぜんごを主とすることからいう。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone