南頓北漸(読み)なんとんほくぜん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南頓北漸
なんとんほくぜん

仏教用語。中国,唐代の禅宗の2つの大きな流れに対する教理の面からの呼称。5祖の弘忍の弟子神秀は,長安,洛陽など北部を中心に禅を説き,種々の段階を経て修行によって悟りに到達すると主張したので,その系統を漸悟を説く北宗禅という。また弘忍の他の弟子である慧能は,もっぱら広東省の宝林寺を中心に活躍し,段階を経ないで,ただちに悟ることを主張した。これを南宗禅といい,両者を合せて南頓北漸という。北宗禅は初めはきわめて盛んであったが,のち南宗禅が盛んとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

なんとんほくぜん【南頓北漸】

南宗禅と北宗禅の宗風の相違を示す言葉。南宗は頓悟とんご、北宗は漸悟ぜんごを主とすることからいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なんとん‐ほくぜん【南頓北漸】

〘名〙 仏語。禅宗の南宗と北宗のこと。南宗は頓悟(とんご)を旨とし、北宗は漸悟(ぜんご)を旨とするため、両宗の相違を、その宗風から区別して呼ぶことば。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android