実体振(り)子(読み)ジッタイフリコ

百科事典マイペディアの解説

実体振子【じったいふりこ】

水平な一つの固定軸のまわりに回転できるようになった剛体物理振子または複振子ともいう。振動の周期は(式1)(Iは固定軸のまわりの慣性モーメント,Mは剛体の質量,hは固定軸から重心までの距離,gは重力加速度)で,これは糸の長さがI/Mhの単振子の周期に等しい。このような振子を相当単振子という。重力加速度の測定,地震の測定などに使われる。
→関連項目振子弥次郎兵衛

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じったい‐しんし【実体振子】

じったい‐ふりこ【実体振子】

〘名〙 剛体を一つの水平な摩擦のない回転軸のまわりに回転できるようにし、重力の作用で振動が可能なようにした振子。重力加速度や地震の測定などに用いられる。剛体振子。物理振子。複振子。じったいしんし。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の実体振(り)子の言及

【振子】より

… 実際の振子は多くの場合,変形しないじょうぶな棒の一端におもりを取り付け,なめらかな軸受け,またはナイフエッジで支えて水平な軸のまわりに回転できるようにしたものである。このような振子を実体振子,または物理振子という。その周期Tは,振子の回転軸のまわりの慣性モーメントをI,振子の質量をM,回転軸から重心までの距離をhとすると,で与えられる。…

※「実体振(り)子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android