コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実体振(り)子 ジッタイフリコ

百科事典マイペディアの解説

実体振子【じったいふりこ】

水平な一つの固定軸のまわりに回転できるようになった剛体物理振子または複振子ともいう。振動の周期は(式1)(Iは固定軸のまわりの慣性モーメント,Mは剛体の質量,hは固定軸から重心までの距離,gは重力加速度)で,これは糸の長さがI/Mhの単振子の周期に等しい。
→関連項目振子弥次郎兵衛

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の実体振(り)子の言及

【振子】より

… 実際の振子は多くの場合,変形しないじょうぶな棒の一端におもりを取り付け,なめらかな軸受け,またはナイフエッジで支えて水平な軸のまわりに回転できるようにしたものである。このような振子を実体振子,または物理振子という。その周期Tは,振子の回転軸のまわりの慣性モーメントをI,振子の質量をM,回転軸から重心までの距離をhとすると,で与えられる。…

※「実体振(り)子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報