コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実体振(り)子 ジッタイフリコ

2件 の用語解説(実体振(り)子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じったい‐ふりこ【実体振(り)子】

剛体に軸を貫き、この軸を水平な軸受けで支えて振り子にしたもの。重力加速度の測定などに用いる。複振り子物理振り子

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

実体振子【じったいふりこ】

水平な一つの固定軸のまわりに回転できるようになった剛体物理振子または複振子ともいう。振動の周期は(式1)(Iは固定軸のまわりの慣性モーメント,Mは剛体の質量,hは固定軸から重心までの距離,gは重力加速度)で,これは糸の長さがI/Mhの単振子の周期に等しい。
→関連項目振子弥次郎兵衛

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の実体振(り)子の言及

【振子】より

… 実際の振子は多くの場合,変形しないじょうぶな棒の一端におもりを取り付け,なめらかな軸受け,またはナイフエッジで支えて水平な軸のまわりに回転できるようにしたものである。このような振子を実体振子,または物理振子という。その周期Tは,振子の回転軸のまわりの慣性モーメントをI,振子の質量をM,回転軸から重心までの距離をhとすると,で与えられる。…

※「実体振(り)子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

実体振(り)子の関連キーワード回転面公転潜望鏡天頂儀トルク回転体独楽回転楕円体水平振子オイラーの固定点定理

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone