コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単羽織 ヒトエバオリ

2件 の用語解説(単羽織の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひとえ‐ばおり〔ひとへ‐〕【単羽織】

裏をつけない夏用の羽織。 夏》「身にからむ―も浮世かな/其角

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の単羽織の言及

【羽織】より

…生地はちりめん,綸子(りんず)が主で10月から4月ごろまでは袷(あわせ)仕立てとし,羽二重などのすべりのよい柄物の裏地(羽裏(はうら))をつける。これらの生地を単(ひとえ)仕立てにした単羽織はほとんど失われ,代りに絽(ろ),紗,羅などの夏羽織が用いられているのが現状である。【山下 悦子】。…

※「単羽織」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone