コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

博川 はくせん

百科事典マイペディアの解説

博川【はくせん】

朝鮮民主主義人民共和国,平安北道南部の町。大寧江下流に位置し,博川平野の中心で,農産物集散地京義線の孟中里から博川線が分岐。紡績工場があり,付近で雲母などを産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

博川
はくせん / パクチョン

北朝鮮、平安北道南東部の博川郡にある邑(ゆう)(町)。郡の所在地。博川平野の中心地で、大寧江の左岸にあり、米、麦類、大豆、トウモロコシなどを産出し、養蚕が行われている。1945年の解放後新設された博川絹織物工場によって、北朝鮮北西部の絹織物の代表的な産地となっている。博川線の終点であり、寧辺、煕川(きせん)、江界に通じる幹線道路の要所でもある。[魚 塘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

博川の関連キーワードピョンアンプク(平安北)道朝鮮民主主義人民共和国トウモロコシパクチョン幹線道路中心地所在地洪景来清川江定州要所終点産地左岸文祥養蚕煕川寧辺

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

博川の関連情報