コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

博川 はくせん

2件 の用語解説(博川の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

博川【はくせん】

朝鮮民主主義人民共和国,平安北道南部の町。大寧江下流に位置し,博川平野の中心で,農産物の集散地。京義線の孟中里から博川線が分岐。紡績工場があり,付近で雲母などを産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

博川
はくせん / パクチョン

北朝鮮、平安北道南東部の博川郡にある邑(ゆう)(町)。郡の所在地。博川平野の中心地で、大寧江の左岸にあり、米、麦類、大豆、トウモロコシなどを産出し、養蚕が行われている。1945年の解放後新設された博川絹織物工場によって、北朝鮮北西部の絹織物の代表的な産地となっている。博川線の終点であり、寧辺、煕川(きせん)、江界に通じる幹線道路の要所でもある。[魚 塘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone