コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

領する リョウスル

2件 の用語解説(領するの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りょう・する〔リヤウする〕【領する】

[動サ変][文]りやう・す[サ変]《「りょうずる」とも》
領地として所有する。「広大な土地を―・する」「心を―・していた悲しみ」
受け取る。また、承知する。了承する。「陳情の趣旨を―・する」
魔物などがとりつく。
「鬼神も、あが君をばえ―・じたてまつらじ」〈・蜻蛉〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

りょうする【領する】

( 動サ変 ) [文] サ変 りやう・す
〔「りょうずる」とも〕
自分のものとする。自分の領地として所有する。 「膨大な山林を-・する地主」
承知する。 「看護婦は医学士の旨むねを-・して後/外科室 鏡花
化け物などがとりつく。魅する。 「遂にその毒蛇のために-・ぜられて/今昔 14
宰領する。とりしまる。 「洲の司、智感に囚を-・せしめて京に送る/今昔 9

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

領するの関連情報