コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

占める シメル

2件 の用語解説(占めるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

し・める【占める】

[動マ下一][文]し・む[マ下二]
あるもの・場所・位置・地位などを自分のものとする。占有する。「三賞を一人で―・める」「国際経済の中で重要な役割を―・める」「業界トップの座を―・める」「連番で座席を―・める」
全体の中である割合をもつ。「賛成が過半数を―・める」「ビルの八割をテナントが―・める」
(「味をしめる」の形で)体験して、うまみを知る。良さを知って、次を期待する。「一度味を―・めたらやめられない」
《自分のものにするところから》食べる。
「すき焼きを―・めたあとで、葱(ねぎ)の湯どおしをあがってごろうじろ」〈魯文安愚楽鍋
ある才能・性質などを備える。
「いとあはれと人の思ひぬべきさまを―・め給へる人柄なり」〈・浮舟〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しめる【占める】

( 動下一 ) [文] マ下二 し・む
ある場所・地位などを、自分のものとして、他者が入りこまないようにする。占有する。
自分の住んだり使ったりする場所とする。 「商店街の一角を-・める銀行」 「窓側に座席を-・める」 「事務所は一階から五階までを-・めている」
ある地位を自分のものとする。 「権力の座を-・める」 「卒業までずっと首席を-・めていた」
全体のある部分を専有する。 「過半数を-・める」 「反対意見が大勢たいせいを-・める」 「国土の五割以上を山林が-・める」
土地や樹木が自分のものであることを示すため、標識をほどこす。 「我が背子が-・めけむ黄葉地つちに落ちめやも/万葉集 4223
食べる。飲食する。 「牛で杯一ぱいいち-・めたうへで/安愚楽鍋 魯文
[慣用] 味を- ・地歩を-

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占めるの関連キーワード赤める翳める皺める窄める高める弛める悩める低める平める辞める

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

占めるの関連情報