コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

危機対応融資 キキタイオウユウシ

1件 の用語解説(危機対応融資の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ききたいおう‐ゆうし【危機対応融資】

金融危機などが発生した際に、政府日本政策投資銀行など指定の金融機関を通じて企業に低利で融資を行う制度。金融機関に対しては、日本政策金融公庫日本公庫)から資金の貸し付けやリスク補完等が行われる民間金融機関の貸し出し余力が乏しくなると、企業の資金繰りが悪化するため、政府主導で対策を進める目的で行われる。
[補説]平成20年(2008)の世界金融危機に対応するため、同年12月から実施され、日本政策投資銀行などから民間企業に多額の融資が行われた。また平成23年(2011)の東日本大震災においても、日本公庫から多額の震災関連融資が行われた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

危機対応融資の関連キーワードFSB金融公庫国乱風評被害安否情報システム現地保護モラルハザード(moral hazard)秩序の原理日本政策投資銀行と国際協力銀行通貨スワップ(交換)協定

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

危機対応融資の関連情報