コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

即興劇 そっきょうげきimprovised play

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

即興劇
そっきょうげき
improvised play

脚本を用いず,即興的に演じるコメディア・デラルテも即興劇の一種。広義に解すれば,スタニスラフスキー・システムによる稽古の過程において,俳優が脚本に書かれていない部分の生活を想像して演じるエチュードと呼ばれるものも,またアド・リブも,即興劇に含められる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そっきょう‐げき〔ソクキヨウ‐〕【即興劇】

筋立てだけ決めておいて、あとは当意即妙のせりふしぐさによって演じる劇。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そっきょうげき【即興劇】

特に台本を定めず、即興的に演じられる劇。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の即興劇の言及

【戯曲】より

… その理由は,西洋において文学としての戯曲が軽視されていたからではなく,むしろその逆であって,あらゆる舞台上の演劇がそのまま文学であることは当然だ,と考えられていたからにほかならない。もちろん,西洋にも即興劇や黙劇の伝統はあったが,中心を占めてきたのは,ギリシア古典劇以来,文学として読むことのできる戯曲の上演であり,演劇の全体が一種の文学的な行為だということは,暗黙の常識になっていた。これに対して,近代以前の日本の場合,能楽も歌舞伎も現実には文学的な筋と言葉を持ちながら,それを〈文学〉として読み,解釈し,批評する習慣は長らく確立していなかった。…

【即興】より

… 演劇では古くから方法として〈即興〉を意図的に使ったり,また〈即興〉の才能そのものを引き出したり涵養したりすることが,広く行われていた。それは,演劇の〈始原〉を考えるうえでも,ある一定の意味をもつと思われるが,訓練された俳優が,役のタイプや大まかな筋書きを与えられ,その場に応じて演じる即興劇のようなものとしては,17世紀に隆盛をみるイタリアのコメディア・デラルテが,とくに有名である。また,近代的な俳優訓練のために,組織的に〈即興〉という手段を利用した最初の偉大な演劇人は,K.S.スタニスラフスキーであろう。…

※「即興劇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

即興劇の関連キーワードベケット(Samuel Beckett)モリス(Robert Morris)ヤーコプ・L. モレノコメディア・デラルテスタニスラフスキーロール・プレイングハワード ヘセマンハロルド・ライミスR. オバルディアラ・マンチャの男ジョン ベルーシオバルディアピランデッロパントマイムビル マレーソシオドラマ西アジア芸能モンフルーリサイコドラマカタルシス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

即興劇の関連情報