コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原佑 はら たすく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原佑 はら-たすく

1916-1976 昭和時代後期の哲学者。
大正5年7月20日生まれ。昭和39年母校東大の教授となる。カント研究から出発し,ニーチェ,ハイデッガーの翻訳を通じて実存哲学を追究した。昭和51年3月14日死去。59歳。山梨県出身。著作に「カント哲学の体系的解釈」,訳書にハイデッガー「存在と時間」(共訳)など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

原佑の関連キーワードカント(Immanuel Kant)カロ(Anthony Caro)グラフィティ・アート東京ビエンナーレ日本国際美術展パフォーマンス形而上絵画千円札裁判ハプニングドイツ革命ホックニー水戸芸術館エンゲルス針生一郎美術手帖河口龍夫クリスト石子順造市原佑梨美術批評

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原佑の関連情報