コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原佑 はら たすく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原佑 はら-たすく

1916-1976 昭和時代後期の哲学者。
大正5年7月20日生まれ。昭和39年母校東大の教授となる。カント研究から出発し,ニーチェ,ハイデッガーの翻訳を通じて実存哲学を追究した。昭和51年3月14日死去。59歳。山梨県出身。著作に「カント哲学の体系的解釈」,訳書にハイデッガー「存在と時間」(共訳)など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

原佑の関連キーワードカント(Immanuel Kant)カロ(Anthony Caro)グラフィティ・アート東京ビエンナーレパフォーマンス日本国際美術展形而上絵画ホックニードイツ革命エンゲルス水戸芸術館ハプニング千円札裁判河口龍夫石子順造針生一郎美術手帖クリスト市原佑梨美術批評

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android