コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原始心性 げんししんせいmentalité primitive

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原始心性
げんししんせい
mentalité primitive

未開心性ともいう。いわゆる「未開社会」の人々の思考,行動が非合理的特性を示すとして類型化された「未開人」特有の思考様式をいう。特にフランスの L.レビ=ブリュールは,「未開社会」の集合表象からこれを理解しようとした。彼は,集合表象が情緒的で神秘的な特質をもつこと,諸表象はいわゆる「融即の法則」により結合しているので矛盾律に無関心なことを見出し,「未開人」の心性は「先論理的」な推論様式をとると考えた。しかし,人間はすべて概念的・合理的認識を行うとともに,情緒的・神話的思考も行う。実際には,2つの心性は,基本的に同一な人類の心性の相補的な2様相と考えられる。のちにレビブリュールもそれを認めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

げんし‐しんせい【原始心性】

primitive mentality》文明社会の一般成人とは質の異なった、未開人のもつ精神的特性。因果律を無視したり、心理現象と外界の現象とを混同したりする考え方とされるが、比較文化研究が進んだ今日ではあまり用いられない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんししんせい【原始心性】

フランスの民族学者レビ=ブリュールの用語で、未開人の事物の把握の仕方。文明人の論理的因果律による思考法と異なって、呪術的・前論理的であるとされる。しかしこの学説は今日経験的には支持されていない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

原始心性の関連キーワードレビ=ブリュールレビ・ブリュールトーテミズム社会学主義事物学説