コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原理日本社 げんりにほんしゃ

大辞林 第三版の解説

げんりにほんしゃ【原理日本社】

第二次大戦前の右翼団体。蓑田胸喜が中心となって1925年(大正14)結成。機関誌「原理日本」を発行。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原理日本社
げんりにほんしゃ

1925年(大正14)11月、狂信的な国粋主義者蓑田胸喜(みのだむねき)が創立した超国家主義団体。前身は「人生と表現社」。皇道歌人三井甲之(みついこうし)、東京帝国大学教授高田真治(しんじ)、九州帝国大学助教授佐藤通次などが同人。機関誌『原理日本』を発行。同年司法大臣小川平吉らが創刊した『日本新聞』と密接に提携して、帝国大学、とくに東京、京都の進歩的・自由主義的教授の思想・学説を狂的に論難、著書の発禁、追放、処罰を要求した。33年(昭和8)の滝川事件、35年の天皇機関説排撃の導火線となり、国体明徴運動を展開したほか、河上肇(はじめ)、津田左右吉(そうきち)、河合栄治郎(かわいえいじろう)、矢内原忠雄(やないはらただお)、西田幾多郎(きたろう)、末弘厳太郎(すえひろいずたろう)など、被害を受けた教授は数十人に上った。[大野達三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の原理日本社の言及

【蓑田胸喜】より

…1922‐32年,慶応義塾大学予科で論理学を担任。1925年,三井甲之とともに原理日本社を結成し,神がかり的な〈日本主義〉の立場から,マルクス主義,自由主義を激しく非難。滝川事件の原因をつくったほか,陸軍からも資金を得,末弘厳太郎,美濃部達吉を攻撃,天皇機関説事件に大きな役割を果たす。…

※「原理日本社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

原理日本社の関連キーワード蓑田胸喜(みのだむねき)江藤 源九郎蓑田 胸喜京大事件機関誌

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原理日本社の関連情報