厭日(読み)エンニチ

大辞林 第三版の解説

えんにち【厭日】

暦注の一。凶日で出行・結婚を忌む。古く、奈良時代から信じられた。正月は戌いぬの日、2月は酉とりの日、3月は申さるの日、4月は未ひつじの日と、十二支を逆回りに各月にあてて定めた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えん‐にち【厭日】

〘名〙 陰陽道で、凶日の一種。正月は戌(いぬ)の日、二月は酉(とり)の日、三月は申(さる)の日というように、以下十二支を逆行して各月に当てはめた日がこれに当たる。各月において、その日は太陰のとどまる日とされる。
※延喜式(927)一六「凡新年鎮害気者〈略〉正月上厭日遅明、官人率陰陽師鎮処於害気之地」 〔淮南子‐天文訓〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android