友松氏興(読み)ともまつ うじおき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

友松氏興 ともまつ-うじおき

1622-1687 江戸時代前期の儒者,神道家。
元和(げんな)8年3月3日生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩主保科正之(ほしな-まさゆき)につかえ家老となる。山崎闇斎(あんさい)に儒学を,吉川惟足(これたり)に神道をまなぶ。領内を巡見し,「会津風土記」の編集にあたった。貞享(じょうきょう)4年2月29日死去。66歳。土佐(高知県)出身。本姓は佐藤。通称は勘十郎。号は南翁。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android